月輪のドリュアス / 黎羊さん @Re1yo

仲良くしていただいているフォロワー・黎羊さんの作品。

表紙からてっきり中身はファンタジぃぃぃぃ勇者とお姫様ぁぁぁだと思ってたんだけどそんなことはなかった。サラリーマンが花の精と生活する話。

でも僕はこういう話の方が好き。日常にでてきたささやかな非日常。

珠輪さん、話を通してひたすらなにもしゃべらないのだけど、それがまたかわいいですね。もういぬっぽいですね。いいですね。

主人公がこのことを相談しにいった女性が何者なのか気になるけど、珠輪さんの存在を疎ましく思ってないあたりで仲のいい友人なんだろうなと。

主人公が喋らない同居人の世話を焼いたり喋りかけたり、本当に頑張ってペットの世話をしている感じでとても微笑ましかった。

一番面白かったのは

「いい匂いっすね柔軟剤変えた?」

「変えた」

のやりとりが個人的にツボだった。大変そうだけど、本人はきっと苦労とも思ってないし、大変とも思ってないんだろう。二人のこれからが平和であるといいな。

 

「The Brenner BANG BANG」/ akiraさん @akira_l_u

お世話になってるakilaさんの本。ブレナーおじさまの本。

今回はブレナーさんはどっちかっていうと脇役で、バックオフィスから前線のエージェントにクラスチェンジしたレイジがメインの話。

レイジは淡々と仕事をしていくけど、途中からブレナーから「勘は取り戻したか」と聞かれていたので、以前も前線の仕事はしていたのかな、と思った。

淡々とやってくなかでやっぱり心にひっかかるものはあるようで、葛藤をたまに顔にだしてしまう。ブレナーはまったく顔にださないんだけどね。

この辺の仕事の心持ちは一体どうなるんだろうな。淡々と相手を殺すにはある程度狂人の世界に足を踏み入れないといけないとならないような気はしている。うちの作品もそうだけど、強さを手に入れるのはそっちに踏みだした人たち。でも人としての心を失ってはいけないのかもしれない。レイジはそのあたりで悩むようになっていき、やがてそうして狂人の領域にいってしまうのかもしれない。

その時ブレナーはどういう判断をするのかな。

僕は狂人になる前に、レイジにはやめるようにブレナーに説得して欲しい。それが狂人のレイジを殺すという言葉を守ることになるなら。

人を殺しても心は殺さないで欲しいと思う。

海照りの桜〜櫻河艦艇群へようこそ / ヒメさん @Copy_hmgm

こちらは僕が文芸時代からの友達、ヒメさんの本。小説です。

かなり装飾こだわっていて、読んでてなんか楽しかった。

さて中身。舞台は隔離された櫻河艦艇群と呼ばれる自治国家。

主役は地位の高い櫻河ほまれ第一席とその補佐官明日海。そして突然櫻河艦艇群にやってきたなにも持たない移民、千代の三人。

前半は明日海が千代に設備や状況の紹介をして行く。結構整備とかはしっかりしてるっぽい。割と頭おかしいリーダーだとこういうのだめなので、多分ほまれ一席がちゃんとしてるんだろう。その割には明日海に仕事を容赦無くぶん投げてるので、自分で手は動かしたくない人なんだろうなあ。

ほとんどが自動化&管理が行き届いていることもあるので、一移民に対して扱いが丁寧なのが見て取れる。住民満足度はたかそう。たかそうだけど。

一部でよその国とのトラブル(しかもライフラインに関わる)を起こしたりしてるので、やっぱりそういう意味ではしんどい立場というのはわかる。ただ普通に高校生、明日海とかもそうだけど就労しているので、その辺の法律はどうなってるのか気になるところ。ほまれ一席容赦無く明日海に仕事なげてたのでゆるいのかもしれない。ただそういうトラブルに面前に10代の女の子がぶちあたったりして精神を病んだりしてるので、日常生活は常にシビアなんだろう。

天変地異にも襲われて全体が危機に陥ったりするので人材不足感は出てる。育成急務な現場感はでてた。頑張って人材を入れて欲しい。

あと明日海さんは官房補佐官だった。

この話はいま原作者、ヒメさんの許可をもらってぼちぼち漫画にしてます。できたら公開するよ。

ヒトカタノ 1 / Re;9さん @RICK_ADD9

よくしてくれているフォロワーRe;9さんの新刊。ヒトカタノ。暴走したAIとそれと戦う人間たちのお話。

その間にいる女の子がどうもAIっぽい、ということに気づいたのが実は最後だったw でもいいコンビこの二人。

時代は結構未来。色々AIにたよりきりになっていた人類がしっぺがえしを受けているのだが、本気で食料とかに困ってしまった主人公たち。

設定とか世界観よりその中でちゃんと描かれているキャラクター、無言で近づく人型AIがしっかりしてて他のAIものとは区切りがあってそれがよかった。あとなにより人間に付いている女の子AIサヤが一番異彩を放っていて、この子とナツメが二人で主人公をおりなすという形で進んで行く。

サヤの口調と立ち振る舞いが好き。

ただ。

最初でてきた女の人のAI。あの人が一番辛かったな。きっとあの人が抱えてた子は主人の男の子だったとしたら。

突然の崩壊で守りきれなくて、最後まで人間を守ろうとして、目の前に現れたナツメとサヤを敵と認識してー。

もしそこで会話する、というステップを踏めたならよかったのに。と思った。他の感情をもたないAIに負け続けるより、サヤみたいなAIもその女の人みたいなAIもいるのなら、この戦いは希望のある戦いでもあるのかも、と思うと救われた。

今後もっと深みに突っ込んで欲しい続きが気になりました。

DEEPEND「VISION」 / 外苑佐清さん @hudouco

お世話になってるフォロワー、佐清さんの新刊。

石像の美少女ララとランセがわしわしする話。ジョチは登場人物紹介にはでてくるけど冒頭でちらっとでてくるだけ。

ララは昔シャイな彫刻家が作った石像。心残りなことをいろいろあって解決をランセに依頼して〜という流れ。

今回初めて表紙が公開されたとき理解ができてなかったのだけど、中身を読んでなるほろと腑に落ちた。今までと違ってランセが非常に悪魔悪魔してしまっていて、あーもうこの人は遠い人だのう、という気がした。僕ですらそう感じたのに、ジョチはそう感じることはないのかな、というのは思った。ランセ遠くにいくな、みたいなことをいうことはないかなーと。いつか。

彫刻家の気持ちはわかるが、絵と違って物体は難しそう。そして性格が災いしてなにもできない。なんか、エロ漫画を描いてるけど経験がなかったりする人に近いんだろうかなあ。

ララがたまにいう石像プチ話が面白かった。バカにされるのか。あと彼女のなんじゃもんじゃ口調はいいですね。ああいう女性はいいです。

最後の会話文はジョチが娼婦を呼ぶところは漫画にしてほしいですね!ぜひ!

最後に。

彫刻家の男性はララを完成?させて愛そうとしてたのかな。してたと思う。でもララはどうなのかな。自分のことを完成させしてくれれれば彼には興味なかったのだろうか。

彼は今にきて、博物館でララとお話してほしいな、と思った。

#COMITIA125 参加レポート!

コミティア125に参加してきました。来てくれたみなさま、会ってくれたみなさまありがとうございました。参加レポートです。だいたいコミティアで最後に配られるレポートって詳細かけないので、終わってから書くのがあれです。あとレポート書くまでがイベントです。HAHA。

というわけで参加レポートです。

イベント前

今回はコミケ -> コミティアと二週連続であり、とりあえず新刊間に合わせるかーとおもってやってました。液タブにしてからそんなスピード意識してなかったんですが、早いですね。7月半ばには完成してました。

今回最大の失敗が本を大量に発注してしまったこと。多分全部で100は行かないけどそれに近いかなあ。創作貯蓄と呼ばれるお金をすっからかんにしてしまいました。でもしばらく印刷するのはないかな。あるとしたらコミティア126の新刊ぐらい。

そして先週のコミケ、頒布数がやばかったです。いっぱい持ってった割には全然でした。理由は夏だからっていうのと創作少年くる人あまりいない、っていう感じかなあ。あと僕の作品あらためて粗をみつけたんだけどそれはまた後述。

売り子のcore氏に至ってはイベントを今月三つ目で、かなりへろへろでした。朝には「もうイベントいきたくねえ」とぶつぶつ言ってたくらいダークサイドでした。まあ今回はさすがにあれだったと思うので、秋にお願いするかどうか。さすがにコミケ -> コミティアを付き合わせたのは申し訳なかった。あとでいい肉おごる。

宣伝ツイートとかはこんなかんじ。

 

そして前後僕が夏休みだったこともあり、ノベルティを作ることになりました。あと2日かよ絵間に合うのか。

設営

経緯はこちら。

完全に嫁にガスガスとやられたやつです。頑張って四種類の絵を書きました。そちらはスカスト公式の方に掲載しますね。僕が途中でダウンしたので嫁が印刷〜ノベルティ化してくれました。

ありがとうございます。(死んだ目)

あと今回全巻持っている人はノベルティが別にクリアファイルがありました。いいですね。クリアファイル。全部買ってくれてありがとうございます。的な。

満を持してイベントだ!

当日

満を時せませんでした(ゲボ)

これ夜3時くらいです。バカじゃないの。

あまりに眠れなくて絵を描いてました。もうだめだ。コミケの時もそうだったんですけどイベントが楽しみで眠れなくなるを二週連続で繰り返しました。しんどい。そしてそれは体調不良につながるのです。

しにたい。
 

ばたばたしながらなんとか会場入り。さっさと設営しました。


 

設営なんですけど、core氏とはイベントなんどもでてる&売り子お願いしていることもあり、連携が非常に取れるんですね。会場入り20分で設営は終わってました。ほんとあの人女神。パワフルな女神。

まあ夏なんで暑さ対策はしてたし、お互い塩だと梅干しだのぽかりだのしてたんですが、とりあえず終わったあとはひたすら暇ですね。本今回持ち込みすぎた感じはあります。

この時点ではそんな暑くなかったです。ちょっと涼しいかな、くらい。
 今回は嫁に買って来てほしいと言われたものがいくつかあるので買いにいく予定がわりとあったのでcore氏に不在時間を伝えておきました。

これがフラグでした。

あいさつ

まあ暇なんで10時過ぎから挨拶周りはじめました。今回仲のいいサークルさんは7つくらいなので、とりあえずごそごそ回ってました。今回の差し入れはカレーとナタデココとパイナップルなんですけど、何を血迷ったか缶詰ばっかなんですよ。僕はちゃんとしたのを送りたいので、悩んだんですけど、今回夏なんでいつもみたいなチョコレート星人できなかったんです。缶詰いいですよね、

重いことを除けばな。

さっさと配りたかったし、回れなかったり本人と会えないとさみしいので、一人一人会うことにしました。佐清さんとか開始と同時にでかけちゃうらしかったので、真っ先に。とりあえず会ってカレー渡しました。あと本をお買い求めしました。新刊。

佐清さんのあとは今回参加する予定のフォロワーを回りました。あちこちだなあ。でもあげさんとなつすぐるさんだけ回れなくて、缶詰が残りました。無念。

午前

とりあえず最初に回ることをcore氏に伝えてサークルを周りはじめました。だいたい欲しい本は手に入りました。入ったんですが。

11:20をすぎたあたりでしょうか。なんか手が震えて来たんですね。そのあと吐き気もしたりします。これはもしやあれですか。

ブースにいるのもつらくなったのでcore氏が外にでてろと言ってくれたので会場のそとにでてました。


今回これもあって会う人がすくなかったんですね。みんなごめんよー。あ、戻る時にオムそば買って帰りました。おいしかったです。

午後

今回買ってくれる人は常連さんはいなかったですね。みんな帰省だったり夏の仕事だったりで忙しそう。

あと遠方組が全然きてなかったのでその分人の出入りがなかったのかなと思いました。とくに関西組。あっちでイベントやってたらしいですね。

ただ新規さんが非常に多かったです。知り合いじゃない人もいたし。とはいえ知り合いで手にとってくれた人もちょいちょいいたので、僕としてはうれしかったかな。ただ1巻買うなら2巻まで買ってほしかった感じはあるので、次回からは1巻&2巻 / 3巻と4巻、合わせたのを頒布しようかと思いました。

あと出張漫画編集部いきました。感想としてはあれです。僕みたいな人間は行ってはいけないところだと思いました。(しーん)

撤収

撤収は16時前くらいですね。終わりまで普通!でした!

まとめ

やっぱりコミティア楽しいですね。雰囲気が好きです。戦利品の写真あげたかったんですが、ちょっといま手元にまとまってないので、そのうち!

次は秋ティア!お会いできるかたはおあいしましょー!

8/19コミティア125に参加します。

あやせです。

8/18にあるコミティア125にUnderdog-BE.で参加します。スペースは「か04b」です

新刊〜といってもコミックマーケット94で出したものだけどスカスト5巻持っていきます。コミケで手にとってもらったのが1冊なので、ほとんどが初見さんのコミケに持って行って後悔している綾瀬です。フフッ。

というわけでThe Sky Strikers5巻です。既刊の情報は以下から!

ストーリー

コミケの本も地味に早く帰ってきているので、通販も開始してます。遠方でイベント参加できない方はこちらもご利用ください。

https://skyparametric.booth.pm/items/964546/

イベントでお会いしましょ!それでは!

コミックマーケット94に参加します。

8/12、3日目にUnderdog-BEとして参加します。

コミケに青年漫画エリアはないので、少年漫画枠で。努力・友情・勝利でいうと友情しか当てはまらない当作品ですが、新規の方はよろしくしていただけると。

作れれば今回はノベルティももっていきたいです。

過去のイベント参加はこちら

【漫画】友達以下と友達以上

もともとどこかの誰かのツイートを見たときに「これは形にしたい!」と思ったやつ。

みっちゃんは可愛いキャラなので、これはシリーズ化したい。

可愛いなあ。

あ、みっちゃんの本名は「斎藤みちる」です。これシリーズ化する。

DEEPEND「月面着陸」 / 外苑佐清さん @hudouco

モモは月にいて200年。悲しい理由でそこにいる。ずっと一人で。

でもランセ氏がきたときに「助けにきた」と言われた言葉にたいして感じた嬉しさは「これでやっと自分は助けてもらえる!」ではなく「やっと貫かせてもらえる!」っていう気持ちみたい。なんでや。

話を進めると、ユニコーンにとって「貫く」っていうのはどうも性行為と同義、らしいのだけど、モモが追放された理由は他のユニコーンとは違う事情がそこにある。

悩んでたのかな、200年悩み続けてなんかどうでもよくなって、残ったのは「こうしたい」という気持ちになってしまったのかな、と思った。200年だぞ。ユニコーンは長寿なのかもしれないが、頭おかしくならなかったのか。きっといろんな気持ちを封じ込めた結果「貫かせろ!」だったのかもしれない。

最後ランセからカレーもらったときモモが流した大粒の涙、この200年で、下手すれば初めて感じた優しさだったのかもしれない。なんて。

好きな人がいっぱいいることはダメなのことなのか、っていう答はユニコーンであるモモは絶対たどり着けない答えだし、ジョチと付き合ってるランセが「男と付き合ってるんだけどそれはダメなことなのか」っていう答はおそらく辿りつくことはできない。って思うと、二人、お互いのことは理解できないけど、違うところで分かり合えるはず。

ちなみにアームストロング船長の月面着陸。オチは本の中で!